teke teke my life お出かけ編

teke teke my lifeの分室。お出かけの記録です。

日和田山ハイキングに行ってきたぜ(埼玉県日高市)

30代後半になるにあたり、ちゃんと定例で会おう!ということにした友人グループ(先輩後輩ですが…)で埼玉県日高市の日和田山ハイキングをしてきました。

日和田山の概要

アクセスと駐車場

自家用車の場合

東京からだと2時間ぐらいでしょうか。川越街道をずーっと行く形なので、アクセスはしやすいですね。

右側が川越。秩父の入り口あたりの場所イメージ。アクセスは悪くない。
駐車場

駐車場は日和田山登山口周辺に2か所駐車場があります。いずれも、60台近く停められるうえ、広いので、利用しやすい環境です。季節によっては早めに行ったほうがいいかもしれません。
料金は、南側のほうのエスケーパーキングで1日330円です。

無人駐車場で、料金はナンバーを書いた小袋に入れる方式です。当然、両替ができないので、小銭を用意しておくとスムーズです。

駐車場は舗装されていないが、かなり広めで停めやすい
電車の場合

電車の場合は、西武池袋線の高麗駅が最寄り駅になり、そこから登山口まで徒歩で約25分です。
ちょっと駅から距離があるので、できれば車のほうが良さそうではありますね。

今回登ったコースと所要時間

登山口→男坂→見晴らしの丘→頂上→見晴らしの丘→女坂→登山口で1時間程度のイメージです。登り30分、休憩10分、下り10分ぐらいでしょうか。

比較的急な男坂を登らずに、女坂から登るコースもあります。
男坂は結構急なので、成人男性中心であれば男坂、子どもや女性が多ければ女坂から登るのがおすすめですね。

なお、登山口にはきちんと水洗トイレと自動販売機があるので、安心です。
登っている最中にはトイレも自販機や売店もないので、登山口で準備をしてから登り始めましょう。

ちゃんとしたトイレがあるのは正直かなりたすかる。

日和田山ハイキングの感想

男坂はしっかりと急で登った感あってよい

登るルートは男坂と女坂がありますが、男坂のほうは岩を登っていく感じで、適度に急なので、かなり登っている感があり良いですね。
尚、体力があまりなくても、距離自体はさほどないので、なんとか登り切れます。

(「オレはようやく登り始めたばかりだからな、このはてしなく遠い男坂をよ…」と言いながら登ると、ちょっと楽しいです)

結構急なので、山登ってる感はある

眺望も日高市を一望でき、非常に良いです。
久しぶりに皆で集まってアウトドアでも、という場合に、とても良いのではないでしょうか。

帰りは女坂から楽々

帰り道は女坂からになりますが、かなり楽々下ることができます。男坂は結構急なのですが、女坂は誰でも登れる程度の傾斜です。
若干傾斜がきついところはあるものの、ちゃんと手すりが整備されています。

総じて気楽に登れるわりに達成感があってとても良い

日和田山は登山初心者にも楽しめる低山で、アクセスも良く、非常に良い山でした。
達成感のある男坂と、下山しやすい女坂の組み合わせがとても良かったですね。流行語で言うと「タイパが良い」山です。

服装も、スニーカーさえ履いていれば問題ない感じなので、あまり事前準備も必要ないです。
(ただ、岩を登るので、傷はかなりつきます。その点、登山靴系のほうが望ましいですね)

都心からそんな遠くないし、次は家族で行きたいすね。

登山口にあった首のない地蔵。ちょっと怖い。どうした?